いよいよ参議院議員選挙も終盤です。

本日、家内と一緒に期日前投票に行ってまいりました。
家には20歳すぎた子供が2人います。テレビもニュースも見ているような感じではありません。
しかし、政治の話をしてみると、結構知っているし、興味ももっていることに驚かされます。
情報源はやはりネットのようです。
ネットには正しい情報もあれば、間違った情報もあります。
その中から、自分なりに選別することが大切ですが、どうやら子供たちは概ね上手く情報を吟味し取捨選択しているようで、頼もしく思えました。

子どもの口から「既存のマスコミ報道に惑わされず、自分自身で考えなければいけない」という趣旨の言葉を聞いたとき、私は思わず「その通り!」と応えました。

これからの日本は若者のものです。
若者1人1人が、自分たちがこの国の未来を作っていくんだという気概、志をもって進んでいってもらいたいものです。

将来は君たちにかかっています。

そういう気持ちで今回の選挙にも参加してもらいたいです。

若者たちに負けない様に、私も「おっさん」なりに、この国の未来を自分で考えていきたいと思います。