JA全農が韓国産肥料を一括輸入し、日本の大規模農家向けに販売を開始するという記事です。
韓国産肥料は国産の物に比べ割安なため、コスト削減になるということです。

日本の農産物は安全性の高さで国際的に評価されています。
日本の農業は今後の日本の発展のためには、最重要な産業であるともいえます。
その信頼ある日本の農産物を生産するにあたって、安全基準の違う肥料を、単に安いから、コスト削減になって農家の収益を増加できるからという理由で安易の取り入れてよいものでしょうか。
韓国産肥料の安全性をどこまで確認しているのか、私はとても心配しています。
もし、その使用によって日本の農産物がここまで積み上げてきた信頼を損なうような事が起きれば、それを挽回するのはものすごく大変なことになります。
私は、日本の農家がつくる様々な作物に対して絶大な信頼をもっており、少々値段が高くてもやはり国産のものを食べたいと思っています。
海外の方々も、同じように思われている方が多いと聞きます。

コストのみを考えるのではなく、日本の食の安全を守るということを第一に考えていただきたいと思います。