住民自治とは、「自治体の運営はその自治体の住民の意思にもとづき、住民の参加によって行われるべき」という考えのもと、
自治体経営について広く住民の参加を認め、地域内の課題解決をその地域の住民と自治体が同じ立場で実施することである。住民自治の基本は、意思決定の主役を地域住民にすること。地方分権化にともない、自治体の自主性・自立性を高め個性豊かで活力に満ちた地域社会の実現が求められている。

このため従来の住民自治に加え、さらなる住民の直接参加や自治体と住民の協働が重要になってきている。