本日10時30分より、早島町役場 全員協議会室において、先日12日の石井岡山県知事へ申し入れた「岡山テルサ受入れ覚書の白紙撤回」について、町長より報告がありました。(知事の発言の要約)

先日の選挙結果による町民の意向を尊重し、白紙撤回を受け入れる。
県は修繕をせず、公募要件、審査基準を定め、早急に民間譲渡へ進む。
既に数社からの問合せがある。
現在テルサを利用している県民も多いことから、民間による施設存続を目指す。
県に発生する4億5千万円の違約金については、県として国に減免を求めていく。
今後のテルサに関しては、今後早島町と前向きに連携していく。