本日午後、NPO法人 城山うさぎの、栴檀(せんだん)の家にある作業所にお邪魔しました。
いつものように、皆さん元気に作業をしておられました。今週末の夏祭りに、「ござ織りサンバ」を踊られるとの事。
「被災地復興の星」をテーマに、衣装を作られていました。審査で好成績がとれるよう頑張ってください!!

さて。。。。

町民の真の幸福とは何でしょうか。

押し付けの公園ですか?

3億円もかけて、見る影もなくなった早島(城山)公園の整備ですか?

40%の補助金(60%は町費)で建てた、人の来ない観光センターですか?

「岡山テルサ」の受入れ=町民の幸せですか?

「岡山テルサ」がないと、早島は魅力的な町にならないんですか?

先ごろの臨時議会で町長は、選挙に出馬した場合『「岡山テルサ」は争点にしない。』と答弁されましたが、
第4次総合計画の推進は、そのまま「岡山テルサ」受入れの推進です。

町民の幸福は、「箱物」を造ることではないのです。

うわべをいくら飾っても、中身がともなっていないと何もなりません。

今、早島に必要なものは、その「中身」なのです。